撥水性のガラスコーティングの施工方法と行うメリットと特徴について

撥水性のガラスコーティングの施工方法と行うメリットと特徴について
カーコーティングは、車を持っている人であれば、利用される事が多いですが、撥水性のガラスコーティングは、多くのメリットがあるのでとてもおすすめと言えます。

【撥水性ガラスコーティングをする理由について】
メーカー純正のプライバシーガラスやカーフィルムを貼ったガラス面は雨シミになりやすく徐々に白濁していき視界を妨げてしまいます。本来ならメーカーが純正で撥水を推奨すればシミなどの心配は大幅に減りますが、基本的に利益優先でオプション扱いにしていると言えます。運転席と助手席は標準で撥水コーティングをされている場合も多く、雨の日の安全運転のために必要だと言えます。土砂降りの時などに撥水性のガラスコーティングは、雨を弾き視界を良くしてくれます。汚れをこびりつかせないようにするために撥水性ガラスコーティングは必要と言えます。

【撥水性のガラス用コーティングの種類】
大きく分けると2種類あり、シリコン系とフッ素系になります。撥水性ガラスコーティングでの大きな特徴はシリコン系は耐久性よりも弾き重視で、適宜定期的に施工しないと効果の持続が低くなります。フッ素系は耐久性がシリコンに比べると大幅日高く高価です。ですが、撥水の水滴の流れ方がシリコン系の方がコロコロになります。耐久性と流れ方の具合の差になると言えます。

【撥水性のガラスコーティングの施工】
撥水性のガラスコーティングをする場合に用意するものは、キイロビンなどのガラス油膜除去剤とキレイなタオル数枚、油膜除去の際のパッドです。マスキングテープ20ミリから30ミリ程度の幅で、霧吹きがあればそれに水を入れて用意すると良いです。大きな流れとして、汚れを事前に取りキレイなガラス面にします。ゴムや黒い樹脂などガラス研磨剤や研磨パッドが当たってはいけない部分をマスキングテープでキレイに覆います。霧吹きで研磨する部分を軽く濡らして、研磨剤を適量つけて約20センチ四方を均一に磨きます。ポイントとしては、ゴムの部分はマスキングテープでしっかり塞いでおくことです。油膜除去作業をして滑りが悪くなってきたら固く絞ったマイクロファイバータオルでサッと拭くと良いです。住宅の窓の清掃をする住宅窓用の水切りワイパーで拭き上げると完璧に油膜が取れたかどうかわかります。重要な事としては、2回から3回繰り返してみても水膜が一定で親水状態になっていれば大丈夫という事です。ジワジワと水膜が中央によってきたり油分とか撥水成分が残っていたりしますと徐々に弾くので、その際は再度油膜取りをする必要があります。ガラス1枚全面が親水状態になったら完了です。油膜除去後は1時間以内にウィンドー撥水ガラスコーティング剤を塗布施工しますが、時間があけば開くほど効果が薄れます。塗りむらの無いように丁寧に一枚一枚塗布する事がポイントです。屋外駐車であまり車を乗らない場合は、コーティング塗布時には最後の塗布状態が上下にフィニッシュするようにコーティング剤の塗りすじをイメージして塗布すると雨コロコロ感が良くなります。通勤なのでよく利用する場合は、斜めフィニッシュをする事で、走行中に雨が斜めに転がるイメージになるのでおすすめです。

【重ね塗りについて】
撥水性のガラスコーティングについて、塗り漏らしを無くすという点では2度塗りは大変効果的と言えます。重ね塗りのイメージは1周塗布をして、更に再度1周塗布するくらいのイメージが良いです。
【撥水性のガラスコーティングの良い気温】
気温が低いよりも高い方が良く、低いときはエアコンをつけて最高温度にして作業を行うと良いです。湿度も関係あるので、乾いている時を選んだ方が撥水性のガラスコーティングを行う時期としては良いです。

私が普段から使用しているコーティングについてお話をしたいと思います。
結構な良い情報を発信していければと思います。
コーティングが誕生して20年以上の年月が経過しています。それまでは普通ワックスというのが当たり前の時代でした。
貴殿も小学校時代には廊下に黄色いバケツに入ったワックスがけをやらされた思い出があります。思えばクーラーもない時代でしたので暑くてめんどくさいイメージしか残っておりません!(^^)!

同じ小学校時代に第1回目の超スーパーカーブームがやってきました。
当時後楽園ホール、各地のホールでスーパーカーショーがあちこちで開催させていたのを覚えています。
カメラも流行った時代でした。おじさんからもらった型遅れの一眼レフをもって写真を撮りに友人と行ったことをよく覚えています。
ブールートレインも流行った時代でした!

当時少年ジャンプによく広告が出ていた「会員になるとスーパーカーに乗れる!!」友達と数人で会員になりましたが、誰一人乗ったことを聞いたことがありません。完全にやられました!!小学生が数千円でスーパーカーに手を上げるだけで乗れるなんて信じられませんよね~~

中学に入ると深夜番組のコマーシャルでよく流れていたポリマーシークの宣伝。
よくボンネットの上でくるくる回る黒人の男の子が出ていたっけな!当時は私も良く日焼けしていたので友人に冷やかされていたのを覚えています(^^♪

そんなワックスからその後にポリマーに代わりテレビではフライパンのテフロン加工が有名でした。
我が家はそんな高価なフライパンはなく、普通のフライパンでしたが・・・

その後にはポリマーからコーティングへと時代は移り変わり、ガラスコーティングが主流になりました。
今後の時代はフライパンから紐解くと、セラミックコーティングに名称が変わっていくのでしょか?

そんな現代になって私が使用しているのコーティング剤はガラスコーティングといっても分類があります。
まずは、プロが使用するのか、個人が主に使うのか?で大きく分かれてきます。
私はプロが使用するものを使っています。

そのプロ仕様の中でもガラス系コーティングと言われていいるのと、ガラスコーティングといわれる商品。
ガラス系なんだかガラスなんだか?よくわかりませんね!それが本音です。

そして更に詳しくなって、ポリシラザン、ケイ素、シロキサンと分類されるようです。ここまでくると化学的になってきますね?
正直わからなくなってきました(^^♪ですが、とても大事な事なので出来る限り詳しく調べていきたいと思います。

PR|EARTH人気サイトPage Rank KING東京 クルージングMETRO LINKインターネットFAX海外バイナリーオプション育毛剤FX 為替看護師求人ネットショップ 開業看護師求人ランキング看護師 転職|RANKERS|グレートウォール相互リンク集|セブンスウェル相互リンク集|白鳥自動相互リンク集|ウルトラ相互リンク|トラパー自動相互リンク Seo-P-link Ver3.5|オラトリオ自動登録リンク集|パイルバンカー即時登録リンク集|