ウォータースポットは撥水性ガラスコーティングで減らす

現にガラスコーティングは、車のウォータースポットを防止する目的で活用されています。10年落ちの車などは、ちょっと水が乾いた模様が塗装表面に残っている事もあるでしょう。あまり見た目が良くないですから、車の持ち主としても閉口している事もあります。

ところがボディコーティングを施しておきますと、車の撥水性などは高められるのです。もちろん撥水性が強くなれば、ウォータースポットなども発生しづらくなるのは間違いありません。ですから塗装の見た目をあまり悪くしたくない時には、確かにカーコーティングはおすすめなのです。

それでタクシードライバーの方々も、たまにそれを高く評価している事があります。そもそもタクシードライバーは、たまに独立している事があるでしょう。個人タクシーを経営しているドライバーの方々も、少なくありません。