ガラスコーティング被膜の厚さについて

ところでガラスコーティングは、たまに割れています。基本的にコーティング剤は強固な物ですが、稀にそれが割れてしまう事もあるのです。そして割れてしまう確率は、厚さとの密接な関連性があります。
一概には言えませんが、実はガラスコーティングはあまり厚くしない方が良いのです。コーティングを行えば、とりあえずは防水性を高める事は可能でしょう。しかし余りにもコーティングの厚みを大きくしてしまうと、かえって脆くなってしまう一面もあるのです。
つまり上記の0.5と1.0という2つの数字を比較してみると、かえって0.5の方が割れづらいという事になります。もちろんコーティング剤が割れてしまうのは、あまり望ましい事ではありません。それが割れてしまう事により、ガラスコーティングの中に雨水が入ってくる事はあり得るでしょう。そうなると、車の塗装表面の見た目が非常に悪くなってしまいます。ですからガラスコーティングは、基本的には2度も塗るべきではありません。