耐久性能を考えるとガラスコーティング

そもそも車に対しては、結露が発生してしまう事があるでしょう。あれは、たいてい温度差などが原因なのです。車体に結露が発生してしまえば、どうしても塗装表面にもダメージが生じてしまう事になります。当然それは望ましくないでしょう。
それで結露というのは、実はカーコーティングとも密接な関連性があるのです。やはりガラスコーティングを行った後には、夜露などは避ける方が望ましいのです。それが塗装面に生じてしまいますと、どうしても寿命などに関わってきます。あまり結露が生じてしまえば、耐用年数も短くなりかねません。ですから結露などは、できるだけ防ぐ方が良いでしょう。
もちろん湿度なども、重要なポイントになります。やはりむやみに湿気が多い環境ですと、ガラスコーティングに悪い影響が生じる事は多いです。
せっかくカーコーティングを行った訳ですから、耐用年数などは長くしたいでしょう。ですから、車の保管状況などは重要なポイントになるのです。