ガラスコーティングをするときは磨きも重要

確かにガラスコーティング剤は、内容量が不足してしまう事があるのです。1リットルどころか、2リットルでないと足りない事もあります。それではコストが高くなってしまうでしょう。
しかし、それも下地作業に左右される訳です。その事前準備の作業さえしっかり実行しておけば、1リットル程度でも十分にコーティングを行える傾向はあります。ですから下地という作業は、極めて重要度が高いのです。下地処理はプロショップでも重要視している大事な工程です。ここは譲れません。
ところでガラスコーティングに成功している方々は、しばしば使っているツールに大きなこだわりを持っています。例えばポリッシャーというツールがあります。
車を磨く作業というのは、やはり専門的な機械を使う方が、効率的になる傾向はあります。もちろんブラシなどを使っても、ある程度は下地を済ませることは可能なのです。しかしブラシくらいですと、下地作業が不十分になってしまう事もあります。