ガラスコーティングとポリッシャーの関係性

下地処理をブラシで行うのも手ですが、それに対してポリッシャーという機械を使いますと、かなり効率良く車を洗浄できる傾向はあるのです。その結果、車の塗装表面に対しては余計な物も残留しづらくなります。
ところで上記でも触れたガラスコーティング剤というのは、事前準備に大きく左右される事だけは間違いありません。きちんと磨き作業が行われていた自動車でしたら、少ない容量でも何とかなってしまうケースも多いのです。
現にポリッシャーの作業を完璧に実行していた方々などは、1リットルどころか500cc程度でも間に合ってしまう事があります。それぐらい、事前準備の作業は重要度は高いのです。
確かにポリッシャーという機械を購入する為には、費用も発生する事にはなります。しかしそれを購入しない事には、更に費用が高くなってしまう事もあるのです。何と言ってもせっかくガラスコーティングを行う訳ですから、何とかして成功させたいものです。コーティング剤の容量も節約できますし、ポリッシャーは購入しておく方が良いでしょう。